スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 心の成長
2006年07月30日 (日) | 編集 |
たくさんの本を読んできたけど、その時々によって感動の度合いもちがってきます。最近は今まで読んだ本を読み返すことが多くなりました。これだけの情報があふれているなかで、本当に今の自分に必要なものだけに巡り合いたいと誰もが思っているはず。本屋さんに行って「読むべき本と出会わせてください」っていつも念じるのだけれど、上手くいかない。で、自宅の本棚の中から、今日はこの本を読んで寝るかって感じで手にとると「おおっ、すごいっ!今まさに求めていたことが書いてある!」ってことが最近多いんです。心の成長とともに感じ方、感じる強さって変化するのですね。今はシルビアブラウンさんの、「あなたに奇跡を起こすスピリチュアルノート」を読んでいます。アロマはローズマリーを楽しんでます。さわやかな日曜を楽しんでます~しあわせ!
スポンサーサイト
 エジプトの前世
2006年07月29日 (土) | 編集 |
私自身はまだエジプトに行ったことがないのですが、小さい頃からとても心ひかれていて、大きくなったら考古学者になりたいと思っていました。さて続きの、前世にエジプト人だったことのある彼女の話です。小さい頃から霊感の強かった彼女は、エジプト人だったことがあるとかなり前から確信をしていたそうです。そして数年前に、やっと念願のエジプト旅行にお母さんと行き、ツタンカーメンのお墓に到着し、黄金のマスクの部屋に入ったとたん、一緒のツアーの人たちが、さ~っと一斉にいなくなり、気がつくと一人ぼっちになっていたそうです。そして「よくきたね、僕はここにいるよ」とテレパシーでメッセージがきたんだとか。そして一緒に埋葬されたことを感じたそうです。後日談で、あるアーチストに会った時、この人と前世で縁があったと感じ、「以前お会いしてますよね」とふってみたら「ええ、エジプトでね」と答えが返ってきて、埋葬の時隣同士だったこともわかったそうです。そのような彼女が絶対の信頼を置く、スピリチュアルカウンセラーの方を紹介してもらい、私も霊視をしていただきました。そしてオーラの色、守護霊、前世などいろいろうかがったのです。
 オーラの色
2006年07月27日 (木) | 編集 |
プロフィールに書いていますが、私のオーラの色は、深いブルーなんです。
自分では見れないのですが、霊能者の方にリーディングをしていただいた時に言われました。友人の紹介でこの方に出会うことができたのですが、この出会いもシンクロニシティ以外のなにものでもありませんでした。
紹介をしてくれた友人というのは、同じプロダクションに入っている後輩のタレントの子で、5年前くらいから顔は知っていたのですが、ゆっくり話をしたこともなく、挨拶程度の仲でした。
5月のある日、その日は二人ともブライダルの司会の仕事をしていて、ホテルのトイレでばったり会ったのです。その時の彼女のお洋服が、ひらひらで妙にエキゾチックだったので、「めずらしいお洋服だわね~」って話し掛けると、「このあとエジプト好きな人が集まって、エジプト料理を食べる会があるんです」そこでなんとなくエジプトの話から、インドのサイババの話、前世の話と
急に話が盛り上がっていったのでした。そして彼女は前世でエジプト人だったことがあり、ツタンカーメンが亡くなったとき、志願して一緒に埋葬されたとのことでした。この話はちょっと長くなるのでまた明日にします。
 アメリカの友人について
2006年07月25日 (火) | 編集 |
彼女は地球外からやってきた?
これは本人が言っていることです。
20年前、一緒に仕事をしていた私たちは本当に仲良しで、その頃から時々「昨日の夜中にUFOが窓の外に来て、まぶしくてこわくて眠れなかった」と言っていました。また~ねほけて~と、くらいにしか思っていませんでした。嘘をつく子ではないので本当なのだろうけど、想像の域を越えていたのでどういうリアクションをすれば良いのか戸惑いましたが、彼女には特別な能力があるのは感じていました。その後結婚と同時に、ロサンゼルスに住まうようになってからは、宇宙からのメッセージをバンバン受けるようになり、病気を治すヒーラーの力もでてきたとのこと。そして自分は地球人ではなく、他のところから地球を救うため使わされた存在だとわかったそうです。実際、私も子宮筋腫があったのですが、彼女が手をおなかの上部に5分ほどかざしてくれたところ、ぐるぐる~とものすごく内臓が動いて熱くなりました。その後婦人科に行くと、筋腫はなくなっていたのです。そして現在、アメリカのパワースポットであるマウント・シャスタに家族で引越し、新しい癒しの取り組みをスタートさせました。彼女とであったから今の私があるのでとても感謝をしています。そして、我が家のくぎりがちょうど良い来年の春に、ぜひともマウント・シャスタに行こうともくろんでいるわけです。
 ラップ音
2006年07月25日 (火) | 編集 |
毎朝、小松賢次さんの「霊能者日記」を読ませていただいてます。今日はオーブとラップ音のことがありましたが、私も夜寝る前に感謝の祈り、「おばあちゃん、おじいちゃん、私を守ってくれている守護霊様、マスター、今日も一日家族が健康で充実してすごせました、守ってくださってありがとうございました」と、まあこんな感じでいっているわけですが(祈り方が正しいかどうかは自信ありませんが)その時いつもではないけれど、バキッと音がするわけですよ。はじめの頃は、このうちも古くなってきたのか家がきしんでるぞ、くらいにしか思ってなかったけど、次第に、違うぞ、これは聖霊が「ここにいるよ」という合図を送ってくれているんだと確信するようになりました。さて、今日は、「前世療法」のワイス博士のCDを聞いて瞑想します。たいがい寝てしまって、なんもビジョン見たことない、、、。
 始まりにあたって
2006年07月24日 (月) | 編集 |
20年前、シャーリー・マックレインの「アウト・オン・ア・リム」を友達に進められて読んで、目からウロコが落ちる思いでした。その後、バシャ-ル、シルバーバーチ、神との対話、臨死体験などなど、いわゆる精神世界の本を読みあさりました。友人達にこの感動を伝えたくて、それとなく話をしてみるけれど、誰もたいして関心を示さず、、、。ヘンなヒトと思われたくなくて一人で学んだり楽しんだりしてました。ま、時々は小出しにしてましたが。そしてスピリチュアルブームとなり、「オーラの泉」が始まり、不思議なことに周りの友人達もいつの間にか、堂々と話せる人たちが増えてきて、実際に不思議体験をしたことがある人もいたりと、うれしい環境になってきました。ちなみに私のMINDを開いてくれた20年前の友達は、現在、アメリカでヒーラーをしていて、5年前に日本に帰省したとき、私の子宮筋腫を治してくれました。彼女のことは、また次回くらいに記しましょう。で、とにかくもう知識だけでは物足りなくなり、こんな私でも、人のお役に立ちたいと、癒しのパワーを身に付けたくなってきたというわけです。同じ思いの方ってたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?そこで毎日少しずつでも前進していこう!というわけですな~!で、今日はこのへんで。

本日読んだ本:キャロル・アドリエンヌ「人生の転機」
したこと:朝の祈り、日枝神社参拝、アロマ教室
 
2006年07月24日 (月) | 編集 |
いよいよ始めました!
どこまで実践できるか?本当にスピリチュアルな能力、オーラが見えたり、
ヒーラーのようなパワーを身につけることができるのか、やってみます。
愛の心は十分にあると思っているのですが、、、。

で、今日はこれから千代田区にある「日枝神社」におまいりしてきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。